『思いやりのある医療を実現します。』

京都からすま病院 職員における新型コロナウイルス感染者の発生について(第3報)

2020年9月2日

京都からすま病院 院長 誉田芳孝

 8月14日、当院事務職員1名の新型コロナウイルス感染が判明してから、8月25日で14日経過しました。この間、当該者の健康状況は良好であり、また院内感染の様子も全くなく体調不良者も起きていません。尚、当該職員の家族も全員陰性であり特にリスクとなる行動はとっておらず、『感染経路不明』との結論にいたりました。引き続き感染防止に万全を期してまいりますが、何か変化がありましたら、今回同様、ただちに適切な処置を行い公表いたします。

 皆様にご不安をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。

以上