『思いやりのある医療を実現します。』

職員における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

2021年8月30日

京都からすま病院 院長 誉田芳孝

 8月25日、当院職員1名(理学療法士)が、新型コロナウイルス感染症に感染していることを確認しました。京都市保健所のご指導のもと、接触した対象者へのPCR検査を実施し、全員の陰性を確認いたしました。現時点では他に陽性者は発生しておりません。

 入院患者さんへのリハビリ中止等、皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。感染防止を徹底し引き続き感染防止対策に万全を期してまいります。

ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

以上